日本一周旅行する場合に洗濯はどうすればよいのか

MENU

日本一周旅行する場合に洗濯はどうすればよいのか

日本一周旅行にあこがれる人は多いですが、宿泊や食事はその都度どうにかできるものの、洗濯はどうすればよいのだろうと悩む人が多く見られます。衣類を洗って乾かして次に着られる状態にしなければなりません。日本一周旅行する場合の洗濯方法として、一番手軽に利用できるものがコインランドリーと言えるでしょう。

 

近年では全国各地にコインランドリーが増えてきていて、一番簡単で時間がかからない方法と言えます。しかしそれなりの費用がかかることがデメリットとなることを忘れてはいけません。日本一周旅行となると、たくさんの荷物を持って行かなければならないので、持っている衣類も限られてくることでしょう。

 

一度にまとめて洗うこともできずに、少しずつ洗濯をしなければならないので無駄が出てしまいます。そして二つ目に自分で洗う方法が挙げられます。これは一番お金がかからない方法と言えるでしょう。どうやって自分で洗えばよいのだろうと思う人もいるかもしれませんが、保冷バッグを使えば比較的簡単に選択を行うことができます。

 

保冷バッグは中に水を入れても漏れることはありません。この中に入れれば、一度に衣類を洗うことが可能となります。具体的なやり方としては、保冷バックに衣類を入れたら、全体がつかるくらいまで水を入れます。そこに適量の洗剤を入れて、しっかり揉み洗いを行いましょう。5回ほど水を入れ替えて洗剤を丁寧に落とします。

 

保冷バッグは小さく折り畳むこともでき、特に大きな荷物になることもありません。壊れてもリーズナブルな値段で購入することができるので安心です。そしてパラコードと呼ばれる強度の高いひもも一緒に持参します。これを使えば洗濯物を干すのに便利に使うことができるでしょう。

 

このパラコードがあれば、そのほかにも荷物をまとめたり、壊れたものを補強することもできます。自分で洗うことを想定しているのであれば、洗剤を入れる容器や洗濯ばさみなどはそれほど邪魔になるものではないので持参すると良いでしょう。干す場合には、適当な場所にひもをかけて、しっかりと絞った後に干していきます。

 

この時に保冷バッグも一緒に洗っておけば、朝には乾いているので小さく畳むことができます。毎回自分で洗うのが大変だという場合には、自分で行う方法と、コインランドリーをうまく活用していくと良いでしょう。晴れている日や余裕のある日には自分で洗い、天気の悪い日が続いた時にコインランドリーを活用するなど、上手に工夫をしていきましょう。